刀:伯耆国名和住林長孝七十八歳作之

ご注文番号:18516

刀:白鞘入り

銘:伯耆国名和住林長孝七十八歳作之
為由永保真氏 昭和四十七年一月日       
                     
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は長孝としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:74.4センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.33センチ
先幅:2.56センチ
重ね:0.72センチ
刀身重量:960グラム
時代:現代 昭和47年(1972)
体配:身幅が広く重ね厚くがっしりとした刀で
反り適度に付き大切先となる。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き地景が葉入り柾がかる。
刃紋:錵出来互の目乱れ激しく刃中砂流、金筋が佐官に働く
差裏、刃区から30cm程のところに刃に沿って目立たない割れがある。また棟に所々錆がある。
帽子は大きく丸く返る。大変景色の多い楽しめる作品です。

特徴:長孝は鳥取の名の知られた刀工で森脇要の門人で入選12回を果す。

葵美術より一言:豪壮な作品で相州伝を焼き互の目乱れに
砂流、金筋が働き一見すると清麿一門の正雄あたりを狙って制作したと
考えられ華やかな躍動感のある作品です。
為打ちである為にしっかりと丁寧に制作されております。 
まずは良く出来た作品と考えます。
長孝が78歳の時に制作した作品で誠心込めて制作した痕跡が
窺える作で地金や刃文に景色の多い出来と考えます

葵美術正真鑑定書 : 全身押し形

価格: 280,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ