刀:伯耆国住道祖尾七郎左衛門尉広賀(特別保存刀剣)

ご注文番号:22016
刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:伯耆国住道祖尾七郎左衛門尉広賀  
                                  
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 伯耆国住道祖尾七郎左衛門尉広賀 としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重鎺
刃長:68.6センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:2個
元幅:3、36センチ
先幅:2.11センチ
重ね:0.71センチ
刀身重量:695グラム
時代:室町時代末期から江戸時代初期
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で反りが広く切先が伸びた作品で表に濃密な火炎、不動を彫りその上には棒樋を彫る。
裏には二筋樋と爪をその上には棒樋を彫る。
地鉄:小板目肌良くねれて綺麗な地鉄となる。
刃紋:沸出来互の目乱れとなり帽子のたれて丸く返る

特徴:広賀は特に室町時代末期から江戸時代初期に活躍した俗名入りの作品が多く製作された。地鉄が良く練れており また本作は濃密で見事な彫りがある。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:1,480,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ