刀:以南蛮織越前国包則

ご注文番号:AS19171
刀:白鞘入り、拵え付き(藤代鑑定(信頼のある鑑定書です。)
銘:以南蛮織越前国包則

新刀:業物:中上作:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前国包則としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み銀一重
ハバキ 銀一重
刃長:70.4センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:2個
元幅:3.0センチ
先幅:1.8センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量:650グラム

時代:江戸時代寛文の頃
体配:3cmくらいの摺上げ、区送のある作品で
表裏に棒樋を彫り身幅がやや広く重ね厚め反りが深く付き
切先がやや延びた体配の良い姿をした作品です。
地鉄:板目肌よく練れて肌立ち地錵が付き肌目が良く見て取れる。
差裏の棒樋の中に瑕があるのが惜しまれる。
刃紋:錵出来匂口が深く互の目乱れにのたれ刃を焼き
刃中、砂流、金筋が良く働き野趣に富んだ作品です。
帽子。軽く乱れ込んで先掃掛となる。

特徴:越前国包則は越前下坂一派の刀工で銘の上部に
牡丹花を切る作品もあり、本作は華やかな相州伝を狙って制作する。
一見すると野趣に富んだ水田一派の作風に酷似しております。 
表裏に棒樋を彫っている為に刀身の重量が
650グラムとやや軽く居合刀としても好適です。

拵:
鍔:達磨とも思われる図柄を高彫りした作品で良く彫られております。
縁頭:赤銅魚魚子地に海の波が岩にくだけ散る
中で近くの小屋で人物が囲碁を行う
図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:朱と黒の交じり合った変わり塗り鞘。
目貫:赤銅魚魚子地に家紋を入れた作品

藤代鑑定(信頼のある鑑定書です。)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



    


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ