刀:丹波守吉道(京4代)

ご注文番号:08433

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:丹波守吉道(京4代)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 丹波守吉道(京4代)としては上々作にランクされる作品です。
新刀:中上作:業物:山城

研磨済み
はばき:金着せ一重
刃長:2尺2寸7分(68.79センチ)
反り:7分5(2.85センチ)
目釘穴: 2個
元幅:3.17センチ
先幅:2.25 センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 630グラム
時代:江戸時代延宝の頃
体配:身幅が広く重ねやや厚く
反りが深く付き切先が伸びる。
表裏に棒樋を彫る。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き綺麗な地金となる。
刃紋:刃区より匂口のやや深い直刃に
その先匂口が深く互の目乱れに高低に変化があり
刃中、砂流し、細かな金筋が働く。帽子大きく丸く先尖りご頃に返る。

特徴:丹波守吉道の京一派は茎に菊紋を彫る事が許され江戸時代末期に至まで菊紋を
彫る。しかしながら大阪丹波はこの菊紋は許されなかった。大阪、京丹波は簾刃を焼く事で
名声を得てその伝統は数代続く。この簾刃の制作は極めて難しく吉道一派にとっては特別な
秘密があったと言われている。  

葵美術より一言:本作の京丹波守吉道4代の作品でありますが簾刃ではなく匂口の互の目乱れの作品
は極めて珍しく珍品といえます。刃に細かな小瑕がありますが目立たず鑑賞には問題がありません。
現代では恐らく制作は極めて難しいのではないかと考えられます。
自ら初代から踏襲してきた簾刃からこの様な作品を制作する事でより優れた技術を制作しようと
試みたのかもしれません。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ