刀:下総国次泰作

ご注文番号:AS22157
刀:白鞘入り 箱入り

銘:下総国次泰作
昭和六十三年春吉日       
                         
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は下総国次泰 としては 最上作作にランクされる作品です。
鎺:金着一重
刃長:77.3センチ
反り:2.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.57センチ
先幅:2.48センチ
重ね:0.74センチ
刀剣重量:1045グラム
時代:現代 昭和63年春吉日
体配:身幅が広く重ね厚く表裏に棒樋を彫り反りが深くつき切先鎌倉期の体配で初刃をのこした体配に良い作品です。
地鉄:小板目肌良く練れて地沸が付き綺麗な肌合いとなる。
刃紋:刃区より直刃、その先から丁子乱れ盛んに働き備前福岡一文字を映した作品で出来が極めて優れる。帽子乱れ込んで小足が入る

特徴:下総国次泰は千葉県の刀工で松田周二と称する、優秀賞、努力賞5回入選賞を獲得し鍛えは小板目が詰んで無地風で刃紋は匂口がくっきりとした丁子乱れとなる。

葵美術より一言:本作の出来は極めて優れ無監査待遇でもよいのではないかと思われる作品です。山鳥毛写の作品に見える次康の最高傑作といって良い作品です。刃中砂流、金筋が働き帽子乱れ足が入る。この作品は無監査の座を狙って必死に製作し、その水準にたっした作品であると私は考えます。是非お勧めしたい見事な作品です。刀箱付きです。

葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

オークション開始価格:1,100,000円(消費税、送料共)

落札者あり




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ