刀:一原長光(昭和) 

ご注文番号:AS19179

刀:白鞘入り(保存刀剣鑑定書)
銘:一原長光(昭和)                                 
昭和:戦時中

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は一原長光(昭和)としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:素銅地金色絵一重はばき
刃長:66.9センチ
反り:1.5 センチ
目釘穴:1個
元幅:3,19センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.67センチ
刀身重量: 810グラム
時代:昭和 戦時中
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き切先の延びた作品で生刃を4cm程残した健全な作品。
地鉄:板目肌に大板目肌が交り地錵が付き地景が入る。
刃紋:錵出来、小互の目乱れに小丁字が交り足良く刃入り、刃中に砂流、長い金筋が盛んに働く。

特徴:長光は岡山県の刑務所の監視長をしていた江村の招聘で
囚人達の刀剣の鍛練技術を教えるために刑務所内で鍛練を教えた刀工といわれている。
特に江村は岡山刑務所内で同様に鍛練技術を学び銘を切ったとされております。
これらの刀工は当時数多く製作されたが研磨は軍刀研ぎといわれた粗雑な研磨がほどこされていた。
そのため評判も悪く他の粗雑に製作された油焼と称される昭和刀と混同されていた。
最近になり靖国刀の再評価が行われ高価な刀として再認識されるようになりました。
今後は昭和刀も同様に再評価される時代が近ずいていると考えます。
特に江村、長光は出来のばらつきはあるものの地鉄の変化は靖国刀
を超えた面白さのある作品が多く是非お勧めしたいと思います。
今後は入手難となりますし値上がりが期待出来ると考えます。
本作は古作長光写しを思わせる出来で生刃も残り健全な刀です。

葵美術より一言:長光は銘を長光、長光作、市原長光、岡山烏城長光等と銘を切りますが長銘の方が出来の良い作品が多い様に思われます。  
本作は地金が特に良く又刃紋は鎌倉時代の長光を写した作品で
乱れた互の目乱れは物打ち近辺迄続きその後直刃調になるのも、良く似せている。 
長光としては出来の優れた作品です。将来が楽しみな刀です。
特に刃中に働く長い金筋は良く出来ております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 250,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ