刀:一原長光(年代昭和)

ご注文番号:AS21674
刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:一原長光(年代昭和) 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は上作 としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地鎺
刃長:63.0センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.26センチ
先幅:2.31センチ
重ね:0.75センチ
刀身重量:790グラム
時代:昭和
体配:身幅が広く重ね厚く反りやや深くつき
切先が伸び、初刃がのこった健全な体配をした作品。
地鉄:小板目肌が良くつき綺麗な地肌となる。
刃紋:直刃出来に小足が入り葉が働く

特徴:戦時中、岡山刑務所の所長であった江村繁太郎は、刑務所内で本来真面目な受刑者の更生を願って、当時岡山県の刀工であった市原一龍子長光を招き同様に囚人達に刀を制作させた。長光は陸軍受命刀匠として当地では名が知られ陸軍々刀技術奨励会入選した刀匠であります。囚人を指導しながら制作を行ったため作風にばらつきがあり、研磨も充分ではなかった為一見すると粗雑な刀と思われますが、よく研磨された刀を見ると地金も評価される作品です。
銘は単に長光、一龍子作、一龍子長光、備前国於烏城下一龍子長光作等と銘を切ります。

拵:
鍔:木瓜型鉄鍔に耳を立ち上げ滝の流れと周りの岩石を金と銀で表し周りを樹木でおおった表情を描き、裏には山と樹木を彫り雲を金で描く
縁頭:鉄地に線を入れて金で描く
鞘:黒蝋色さやに青貝で龍でほった見事な拵えです。
目貫:赤銅地の華やかな花を高彫し金で色絵をほどこす

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格:380,000円(消費税、送料共)

落札者あり





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ