刀(薙刀直し):無銘(古波平)

ご注文番号:18253

刀(薙刀直し):白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(古波平)
                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(古波平)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:71.8センチ
反り1.5センチ
目釘穴:2個
元幅:2.80センチ
重ね:0.8センチ
時代:鎌倉時代末期から南北朝時代中期頃
体配:長寸の長巻の作品で身幅が広く豪壮な出来
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり所々柾に流れ
黒味のする肌物と称する地金となり地景が働く
地には白気映りが表れ景色となる。
刃紋:錵出来直刃で匂口が深く
刃中、砂流、金筋が盛んに働き所々潤む部分がある。

特徴:古波平は鎌倉時代初期から南北朝を経て
江戸時代迄続く刀工群であります。
身幅が広く直刃基調の作品が多く、戦時中には
海軍の軍人は争って購入したと言われている。
波が穏やかであれという意味で求めたとされております。

葵美術より一言:古波平は地金に黒味のある板目、
大板目と肌が働き中には綾杉風の作品も多く
薩摩と北国の作品である舞草鍛冶(もうぐさかじ)と酷似するのは不思議ですが
作風が似通っていたのかもしれません。
いずれにせよ古波平は精良な地金では無いのですが
荒々しい雰囲気を持った野趣に富んだ作品です。 
豪壮な作品ですので重要狙いの作品といえます。

葵美術評価鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 1,100,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ