刀:越後国義光作昭和五十四年八月

注文番号:18455(委託品)

刀:白鞘入り
銘: 越後国義光作昭和五十四年八月
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は上々作 としてはにランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀一重ハバキ
刃長:76.6センチ
反り:2.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.37センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.69センチ
時代:昭和
体配:長寸で身幅が広く重ね厚く反りが深く中切先となった体配の良い作品。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:匂出来丁字時乱れが華麗に連なり足良く働き匂口柔らかく見事に働く。

特徴:大野義光刀匠は昭和二十三年に新潟県に生まれ吉原義人、吉原荘二から学び数々の賞を獲得して昭和60年には早くも無鑑査刀匠となる。
奨励賞を受賞し高松宮賞・文化庁長官賞など幾多の特賞を受賞し現代刀工では最も評価される刀工の一人といえます。
かっては吉原国家と同様な丁字乱れを制作しておりましたが丁字乱れの形態が変化しより古作に近い作品を制作する様になりました。

葵美術より一言:本作は鎌倉時代の長光写しと思われ激しい丁字乱れが続き、物打ち近辺から穏やかな丁字乱れとなり帽子もくびれごころに丸く返るなど華やかな作品です。
先日も長光を二振り拝見しましたが滲みがあったり刃紋が薄くなったりで当時の様相とは異なっておりました。
制作用事は大野義光の様の丁字乱れが連なり匂口の深い刃紋であったろうと思いを致しました。
正に大野義光氏の長光写しの最高傑作と言えます。是非御薦めしたい作品です。

葵美術評価鑑定書:
全身押し形

価格: 1,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ