刀:豊州高田住藤原守行

ご注文番号:AS18479
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘: 豊州高田住藤原守行

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 豊州高田住藤原守行としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:2尺2寸4分 (67.9センチ)
反り:4分5厘(1.36センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.03センチ
先幅:1.8センチ
重ね:0.67センチ
刀身重量:680グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:約1寸ほどの区送りがあります。
身幅、重ねしっかりと反り適度に付き鋒がやや伸びる。
地鉄:小板目肌よく詰んで地沸が付き地景が入る
刃紋:刃区より丁子乱れが入りその先のたれて
さらに同様な刃文が4箇所続く
丁子乱れに足がよく働き尖り丁子乱れとなり、帽子、丸く返る。

特徴:豊州高田住藤原守行は豊後の刀工で高田に住し
長左衛門と称し上手な刀工です。
研磨もよく砥がれ瑕や欠点がありません。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に紋様を透かしギザギザ模様を彫る。
縁頭:鉄地に布目象嵌を施す
鞘:赤と黒の紋様を描く
目貫:海の貝と思われる図柄を高彫りする。

葵美術より一言: 高田住守行はかなり評価のできる刀工で
研磨もよくほどこされ出来も良い作品ですので是非お勧めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書
全身押し形

オークション開始価格: 350,000円

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ