刀:薩州住藤原正房(無保証)

ご注文番号:20109

刀:白鞘入り

銘:薩州住藤原正房(無保証)
文化七年寅午三月

鞘書:薩州住藤原正房 文化七年 刃長貳尺貳寸三分有り 寒山誌
新刀:薩摩

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は薩州住藤原正房(無保証)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:66.8センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:3.12センチ
先幅:2.15センチ
重ね:0.66センチ
刀身重量:720グラム
時代:江戸時代 末期 文化 1815年
体配:身幅、重ねしっかりとした刀で反りやや深く切先が延びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き地景が入り黒味のする地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ尖り刃を交え刃中、砂流、金筋が働く帽子丸く二重刃がかかり金筋が刃に沿って働く。

特徴:正房は江戸時代初期より江戸時代末期迄続く刀工群でありますが
正清の薩摩刀の創始者として活躍しその流れは元平、正幸に強い影響を与えてきました。
本作はその流れを汲んで作風は良く似た作品ですが
銘と鑢目に疑問点があり残念ながら私見では無保証として販売させて頂きます。

葵美術より一言:本作は正清に良く似た刃紋をしております。
地金が良く刃紋も景色の多い作品なだけに惜しまれる作品です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

>


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ