刀:(菊紋)出羽守法橋源光平

ご注文番号:18359

刀:白鞘入り、拵え付き

銘: (菊紋)出羽守法橋源光平 (特別保存刀剣)
新刀:上作:良業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は(菊紋)出羽守法橋源光平としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
素銅地と金着二重はばき。
刃長:70.7センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:3個
元幅:3.1センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.72センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:約3センチ程の摺上げ区送があるが表裏に棒樋を彫り身幅がやや広く重ね尋常な反りやや深く切先の延びた体配の作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き肌立ち地には淡い映りが現れる。
刃紋:小錵出来匂出来が混じり丁字乱れに互の目乱れが混じり尖り刃を交え刃中、足、葉が盛んに働き砂流、金筋が良く働く。
帽子:のたれて乱れ込む
特徴:出羽守法橋源光平は江州蒲生の石堂一派で江戸に出て活躍する。石堂常光の弟で日置性を名乗り出羽守を受領し、後に出羽入道と切り、出羽入道泰信法橋源光平と銘を切る。一文字を写し新刀鍛冶の中で最も著名な一文字を写す刀工と云われている。本作は一見すると福岡一文字に紛れる作品で、華やかな丁字乱れで刃区より帽子近辺迄続く見事な刃紋であります。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に耳を広く立ち上げ太い10本の矢羽風に彫り耳の平地には金で草花の文様を描く
縁頭:鉄地に川の流れに船に船頭が操る風景が描かれている
鞘:焦げ茶色に斜めに細かな線模様を入れた
目貫:赤銅地で文様を彫る
鐺:鉄地に文様彫る
葵美術より一言:出羽守法橋源光平は石堂一派の刀工で最も一文字写しに秀でた刀工と云われ一見すると吉岡一文字に紛れる作品です。本作は摺上げながら反りもあり映りもあり見事な一文字写しを完成している。拵えも品格がありいかにも上級の侍が保有していたと考えられる作品です。
刀身のバランスも良く是非御薦めしたい作品です。

葵美術正真鑑定書
特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 950,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ