刀:肥後菊池住惟忠

ご注文番号:18378

刀:拵え入り

銘:肥後菊池住惟忠

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥後菊池住惟忠としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀一重
刀身重量:810グラム
刃長:73.5センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.27センチ
先幅:2.4センチ
重ね:0.66センチ
時代:現代
体配:身幅が広く重ね厚く棒樋を彫り反り適度に付き切先が長く延びる
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な地肌となる。
刃紋:錵出来丁字乱れに互の目乱れが混じり尖り互の目乱れが入り刃中砂流、金筋が働く。
帽子:乱れ込む
特徴:菊池住惟忠の本名は大塚惟忠と称し菊池住源盛竜に入門し鍛練技術を学ぶ現代刀匠展覧会では努力賞、優秀賞、など数多く賞を獲得する。全日本刀匠会会員、優秀賞等多数受賞、大塚盛竜の門人。人気の上級現代刀匠です。惟忠の本名は大塚惟忠、熊本県菊池市在住です。惟忠は最高の地鉄を焼きます。

拵: 現代拵え

葵美術より一言:菊池住惟は自家製鉄で刀剣を制作する為に地金に黒味のする作品で切れ味が良いと評判のある刀工であります。 本作は兼元写しの作品を制作し錵出来の崩れた三本杉を焼き上げ刃中の働きも砂流、金筋が働くなど出来が良い拵えは現代物ながら蜻蛉の一作拵えで制作され円形の鍔は稲の図柄を透かし彫りをほどこす。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ