刀:無銘(高田)

ご注文番号:AS20481
刀:白鞘入り(保存刀剣)
銘: 無銘(高田)

鞘書:吉岡一文字 無銘にして時代貞和頃
出来華やかな丁字乱作
刃長二尺二寸七分有之
昭和五十年乙卯春吉日 寒山誌(花押)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(高田) としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:2尺2寸6分5厘(68.64センチ)
反り:8分(2.424センチ)
目釘穴3:個
元幅:2.75センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量: 685グラム
時代:室町時代
体配:擦り上げ無銘で身幅、尋常な重ねやや厚く
反りが深くつき鋒が伸びる。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつく。
刃紋:沸出来互の目乱れに尖互の目が混じり、葉が働き砂流が入る
帽子:丸く返る。

特徴:高田一派は南北称時代から室町時代を経て江戸時代へと活躍する刀工群です。
本作は一見すると鎌倉時代の体配のも似るが作風は室町時代末期の作品と判断される。

葵美術より一言:刀剣博物館で高田と鑑定されましたが私も同様な鑑定が正しいと考えます。
反りが深く見事な体配をしております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 280,000円

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ