刀:無銘(了久信)

ご注文番号:AS18493

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(了久信)
                          
古刀:上作:山城
鞘書:寒山博士  了戒
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(了久信) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:65.7センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:2個
元幅:2.50センチ
先幅:1.50センチ
重ね:0.5センチ
時代:鎌倉時代 延慶の頃 1308年
体配:身幅、重ねやや細身で反りが深く付き切先尋常な
体配の優雅な綺麗な体配をした生茎の作品
地鉄:小杢目肌よく詰み所々柾目に流れ淡い映りをだした精良な地金となる。
鎬地:小板目に柾目が交じる。
刃紋:匂出来直刃詰んで明るく冴える。
帽子: 丸く乱れ込む

特徴:了久信は了戒の子で九郎左衛門と称する。 
作風は了戒と同様で来一派に良く似た作品を制作する、
父が老齢になると久信が代作を行うとされ作風は優雅な姿のよい作品を制作する。

拵:太刀拵え 四分一 一作拵え
鍔:素銅地菊花紋風
縁頭:四分一
鞘:焦げ茶色に文様を入れた変わり塗り鞘、
目貫:龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。(私見では金無垢)

葵美術より一言:本作はほぼ生茎の小太刀で当時の体配を良く見てとれます。
710年を経過した作品で良くこの時代迄大切に保存されてきたのかを思うと
感無量となります。拵えが太刀拵えで華美に流れず
落ち着いた大名家の雰囲気を持った作品と言えます。
古刀としての貫禄を備え拵えのも良く調和のとれた作品と考えます。

葵美術評価鑑定書
特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

オークション開始価格: 800,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ