刀:摂州住藤原助広 (初代)

ご注文番号:18301

刀:白鞘入り、拵え付き

銘: 摂州住藤原助広 (初代)(特別保存刀剣)
新刀:上々作:最上大業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は摂州住j藤原助広 初代としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着一重
刃長:71.1センチ
反り:1.57センチ
目釘穴:3個
元幅:3.0センチ
先幅:1.57センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代寛永の頃
体配:約2寸ほどの摺上げ、区送があり反り適度に付き切先が延びた体配の良い刀。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き大阪地金となり映りが良く現れる。
鎬地:板目肌に柾目が交じる
刃紋:錵出来丁字乱れとなり刃中、砂流、足、葉。細かな金筋が盛んに働く。
帽子:丸く返り焼き下げる
特徴:摂州住j藤原助広 初代 銘のごとくは摂津の刀工でそのご大阪に出て初代河内守国助の門人となる。 銘にそぼろと付ける作品がある所からそぼろ助広と呼称されている。 そぼろとはいくつかに説があり服装にはこだわらず乱髪な身なりでと言われた恰好で生活をしていたといわれておりますが切銘をみますと見事な文字を茎に刻んでおり相当に学問のある刀工と見て間違いがなく何らかの意味があったと想像されるのです。 師匠である初代国助とは作風が全くことなり備前伝なかでも一文字写しの傑作が多い。 又長寸の作品は少なくほとんどが2尺以下か2尺1寸ほどの短めの作品が圧倒的に多い。

拵:
鍔:國廣と銘がある
縁:赤銅魚魚子地に龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
頭:角
鞘:黒呂色鞘
目貫:素銅地で大きめの虎の図柄を高彫りする。

葵美術より一言:摂州住j藤原助広 初代は制作本数が少なく中々入手が難しい作品です。通常2尺近辺の作品が多く本作品の様に長寸の作品は少ない、一文字写しの作品が多く銘を削られて一文字に変えられた作品も多いと聞きます。本作は鎬にかかる程の激しい丁字乱れを焼き上げ長幸にも似た作品です。上々作として又最上大業物として著名な作品を是非御薦め致します。摺上げがありますがこれを上回る最上の作品と言えます。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,200,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ