刀:出雲大掾藤原吉武

ご注文番号:AS21051
刀:白鞘入り(特別保存刀剣)
銘:出雲大掾藤原吉武

新刀:上作:業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は出雲大掾藤原吉武としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重と銀の二重鎺に牡丹と模様を彫る。
刃長:66.5センチ
反り:2.3センチ
目釘穴:2個
元幅:3.24センチ
先幅:2.17センチ
重ね:0.74センチ
刀身重量: 780グラム
時代:江戸時代寬文の頃
体配:約8cm近く区送、磨上げがあるが
身幅が広く重ね厚く反りが深くつき鋒がのびた体配の良い作品。
地鉄:小板よく練れて地沸が付き法成寺一派の様な地金となる。
鎬地:板目に柾目が混じる。
刃紋:沸出来丁子乱れに互の目乱れが混じり、
帽子丸く返り、砂流が入る。

特徴:堀川国武の子供で京都より江戸に移る。
葵美術より一言:華やかな丁子乱れであり、
京都での作風は消えて江戸での刀工の影響を受けて
強い地金で伸びやかな波紋を制作する。 研磨もよく欠点のない素晴らしい作品ですので是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 650,000円

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ